赤ちゃん出産祝いに商品券ってどうなの?【ギフト券を選ぶ・贈り方はこうするべき!】

この記事は約7分で読めます。

何をプレゼントすると喜ばれるのか、考えるのって難しいですよね。
そこで出産祝いに商品券を贈るのはどうかと考える方も多いのですが、お祝いなのに商品券でどうなの?と考えてしまう悩みを解決してみたいと思います!
まずは出産祝いを貰う側であるママ達の意見から紹介します。

出産祝いに商品券って、貰う側はどうなの?

「出産祝いに商品券だったらどんな気持ち?」を、出産経験者のママ達にアンケートしてみました。
すると色んな意見がたくさん集まり、出産祝いに対する思いを知ることが出来ました。

●「嬉しい」と答えたママの意見

・使わない物をプレゼントされるより良い
・考えて選んでくれたら嬉しいです
・自分好みの物が買えるのでありがたいです
・子供のためにおもちゃ券を頂きました

●「嬉しくない」と答えたママの意見

・金額がわかってしまう商品券はちょっと控えて欲しい
・商品券だったら現金にしてほしい
・あまり行かない百貨店の商品券なので使いみちなし

どんなプレゼントでも良いってわけじゃないことが、アンケートを通じてわかりました。
商品券を出産祝いに選ぶのは決して悪いことじゃないのですが、選ぶ時にいくつか注意が必要ですね。

出産祝いに商品券やギフト券は選ぶポイントに注意!

●どんな商品券・ギフト券でもイイわけじゃない!

商品券やギフト券といっても、さまざまな百貨店やクレジットカード会社などから発行されています。

贈る先のママがよく利用する、お店やネット通販をリサーチしておく必要があります。
あまり利用頻度がないのに商品券を渡されても、アンケート結果でもありました“使いみちがない”という状況になってしまいます。

良かれと思って渡したのに、全く喜ばれない出産祝いになってしまうのはイヤですね。

●赤ちゃん、ママのため。どちらかで選び方を決める

出産祝いは誰に向けてのプレゼントなのか、まずは考えてみましょう。
生まれてきた赤ちゃんのため、出産という大仕事を終えたママのため。
どちらかのためを思って考えて選ぶプレゼントは、頂くママにも思いは通じます。

たとえば商品券やギフト券にするなら、赤ちゃんのために「おもちゃ券・おむつ券」。
頑張ったママのご褒美のために「ネット通販のギフト券」など。
商品券を発行する場所先を選ぶことで、赤ちゃんとママのどちらへのプレゼントか変わってきます。
ネット通販でもおもちゃやおむつも買えるので、どちらのためか選べないなら通販サイトのギフト券をおすすめします。

●有効期限が短くないか確認

実は商品券には有効期限が付いている場合があります。
とくに多いのがスーパーやデパートの商品券です。
3ヶ月以内に使用しないとタダの紙切れになってしまうこともありますので、有効期限のありなしには注意しましょう。

産後は忙しくてプレゼントされたことを忘れてしまうこともあります。
出来れば有効期限の長い商品券を選ぶようにしましょう。

それなら出産祝いに電子マネーでも大丈夫?

外出しなくても買い物が自宅で出来るネットショッピング。
産後すぐは買い物することが出来ず、通常の生活に戻れたとしても、小さな赤ちゃんを連れての買い物は大変です。
ネットショッピングを利用するママも多く、定価より安く買い物をするなども出来て人気です。

電子マネーとして使える通販サイトのギフト券が注目を集めています。
出産祝いに電子マネーは、意外にも喜ばれやすいんです!

・食品~日用品、おもちゃまで何でも買える
・24時間いつでも買い物できる
・初めて利用でも支払いが簡単に出来る

ネットショッピングは欲しい商品をカートに入れて、会計をするだけとお手軽。
でも電子マネーを使ったことがないママにとって、出産祝いで送られると少し迷惑に感じてしまうこともあります。

でも、使い方はとっても簡単で、会計時に「電子マネー払い」を選択肢て、指示に従って会計ボタンを押せば良いだけなんです!操作が苦手なママでも簡単に利用することが出来るので、出産祝いに電子マネーは喜ばれやすいんです。

もし出産祝いに商品券を贈るなら金額や包装はどうするの?

●金額はどれくらいが妥当か?

アンケート結果でもありました“金額がわかってしまう商品券はちょっと・・・”という回答結果。
確かに商品券などは、いくら分なのか金額がすぐに分かってしまいます。
これは大きなデメリットですね。

もし商品券やギフト券を贈るなら、相場にあった金額で選ぶのをおすすめします。

関係 平均
友達、会社関係 5千円
親戚 1万円
兄弟/姉妹 2万円
両親 5万円

出産をしたママとの関係で、出産祝いの平均相場が違ってきます。
平均相場の額、全てを商品券にするのは頂く側も有効期限などがあり使い切れない事もあります。
使う方の気持ちを考えて、商品券などで贈る額は「5千円~1万円」の間で選ぶ事をおすすめします。
期限内に使い切れる額にしましょう。

●包装はどうするべきか?

商品券やギフト券を注文すると、簡易的ですが包装されて届きます。
カワイイ封筒やオシャレな封筒へさらに包むのもおすすめ!

また、出産祝いなのでのしを付けることで、出産祝いとイメージ出来て良いですね♪
何度起こってもよいお祝い事なので、のしの水引は蝶結びのタイプを選びましょう。
紐を解けば何度でも結び直せる蝶結びは、出産などのお祝い用です。

ギフト券だけを包装するのはちょっと寂しいので、メッセージカードを添えてみてはどうでしょうか。

「ママと赤ちゃんのために、好きなものを買ってね!」
「何を贈ればいいのか悩みに悩んで、ギフト券にしました~♪」
など、簡単なメッセージを付けてあげると寂しさを感ませんよ。ギフト券だけだととても小さいので、一緒にスタイやガーゼハンカチなど小物類をプレゼントに選ぶ方も多いんです。
絶対に使うものを選んで、喜び2倍にする出産祝いもイイですね!

タイトルとURLをコピーしました