望まない妊娠、妊娠22週で流産する方法は手術だけ?

この記事は約4分で読めます。

10代で妊娠してしまった、望まれない妊娠をしてしまった。
妊娠は喜ばしい事だけではなく、残念ながら流産したい(人工妊娠中絶)と考えている方もいます。

経済的に出産することが難しいなど理由はさまざまありますが、流産する方法はとても悲しい事であることを覚えておきましょう。
そのうえで、どのようにこれからするべきか、もう一度考えてみませんか。

流産(人工妊娠中絶)するには時期に時効がある?

ママ側の申出による流産は、母体保護法により妊娠21週6日までと法律で決められています。
妊娠22週以降は、人工的に流産手術をすることが出来ません。

週を増すごとにどんどん成長する赤ちゃんは、妊娠22週頃になると胎動も感じ赤ちゃんの体重は約400gほどまで成長しています。
周りの音を聞くために聴覚や嗅覚などが発達する時期です。

大きくなる赤ちゃんを人工妊娠中絶による流産は、母体リスクが大きいため手術を行うことが出来ません。

また妊娠12週目を堺に、初期中絶手術、中期中絶手術と呼ばれ、母体リスクを考えると妊娠12週未満のうちに、出産するかどうかを決めるように担当医から説明があります。

妊娠後、パートナーと相談してどうするか決めていきますが、いずれにせよ早目に決断をしなくては中絶手術が出来ない状態になる可能性があります。

手術で行う流産(人工妊娠中絶)する方法とは?

人工妊娠中絶の手術は、どのようにして行われるのか知っていますか?

まず、手術を行うには医師の許可、パートナーの同意書、未成年の場合は親の同意書が必要となる場合があります。
そして全身麻酔を使い手術を行うので、さまざまな説明を受けます。

流産(人工妊娠中絶)は掻爬法と吸引法のどちらかで手術は行われます。
どちらにせよ麻酔を×前に、子宮口を広げるために海藻が原料のラミナリアと呼ばれる細い棒状の物を子宮頸管に挿入し広げます。
その後、どちらかの方法を使い流産手術を行います。

●掻爬法(そうはほう)

細長いスプーンのような器具を使い、子宮の中にある胎児や胎盤をかき出します。

●吸引法(きゅういんほう)

吸引器を使い、子宮内にある胎児や胎盤を吸い取ります。

文字にするととても恐怖感がありますが、手術の時間はおよそ10分程度。
とても早く手術自体は終わりますが、全身麻酔を利用するため麻酔が切れるまで数時間となります。

※流産の手術を行う当日は絶食となります。

流産(人工妊娠中絶)の手術は日帰り?それとも入院になるの?

流産手術を受ける医療機関によりますが、日帰りと1泊入院のどちらかとなります。
多くは日帰り入院となり、午前中に手術を行い、麻酔から目覚めて少し検査してから帰宅となるため、夕方には帰宅できる事が多いです。
麻酔が切れたとしても、フラつきなどはありますので一人では帰らず、必ず誰か付き添いをお願いした方が良いでしょう。
絶対に車の運転だけはしないようにしましょう。

手術が終わり目覚めた時、お腹に痛みがあるなどした場合、ただちに医師や看護師に相談しましょう。
退院する時に子宮収縮剤などの処方箋が処方されますが、痛みが強い時は痛み止めなども処方してくれます。

流産(人工妊娠中絶)後すぐ普通の生活に戻れる?

流産後は約2週間の休養が必要となります。
出産後と同じ生活環境とまでいきませんが、最低でも2週間は仕事や家事などはせずに休むように指示があります。

体力は使っていないにしろ、術後は無理することで回復が遅れてしまいます。

もし妊娠と診断された時からつわりがあった場合。
流産手術が終わっても、ホルモンバランスの影響によりつわりがある場合があります。
また術後は生理のような出血と腹痛が続きます。

子宮口を広げて手術を行なったので、入浴は2.3日は避け、その後はシャワーだけにするようにしましょう。
雑菌が入り込み炎症を起こしてしまっては危険です。

流産(人工妊娠中絶)に必要なお金はどれくらい必要?

望まない妊娠をしてしまい流産を希望する場合。
検査や手術に必要なお金の全てが自己負担となります。

初期中絶手術・・・8万円~
中期中絶手術・・・15万円~

自由診療となるため、医療機関によって費用は異なります。
またこの費用は手術のみとなるので、処方箋やその後の検診費など別で必要となります。

人工妊娠中絶による流産手術は、どこの産婦人科で受けられるわけではありません。
手術が出来るのは指定医療機関のみなので、近くの産婦人科では対応していない事もあります。

まずは妊娠しているか妊娠検査薬だけじゃなく、医療機関でしっかりと検査をしましょう。
妊娠数週、それから人工中絶を考えるならいつまでに決めなくてはいけないのかなど、しっかり担当医と相談しましょう。

そしてパートナーとも相談が必要です。
たとえ望まない妊娠でも、話し合いにより出産する方向で考えが変わることもあります。
流産手術は母体だけじゃなく、精神面しゅにも大きなダメージを受けるため、ある程度の覚悟が必要です。

タイトルとURLをコピーしました