流産の手術や治療費は保険適用になるの?請求額はどれくらいなのか?

この記事は約3分で読めます。

せっかく宿った赤ちゃんが亡くなる。とても悲しいことですが、手術をして子宮内をキレイにしなくては、次の妊娠へ影響が出てしまったり、腹痛など体へ支障をあたえてしまいます。

手術といえば費用の高さが心配ですが、どれくらいの請求額になるのか、どんな手術でも保険適用となるのかを紹介します。

流産の費用は全て保険適用となるのか

流産といっても、人工的に流産させる人工中絶手術。
赤ちゃんがお腹の中で、なんらかの原因で亡くなってしまった自然流産のどちらかに分けられます。

料金の高さでみると、人工中絶手術がもっとも高く健康保険が使えないので10割り負担となります。
およそ10万~20万円が一般的で、妊娠週数によって費用は高くなります。

健康保険が適用となるのは、治療行為が必要となったときですので、人工中絶は本人の希望であるため保険適用外となるのです。
保険適用となるのが、妊娠継続を希望していたのになんらかの原因で赤ちゃんが亡くなってしまった流産です。

流産には繋留流産、化学流産などそれぞれ病名がつきます。
自然に子宮内から排出されてしまうのも、子宮内を手術によってキレイにするのも費用としては似ています。
およそ2~10万円が一般的となり、3割り負担で支払い請求がおこなわれます。

ただし手術となれば、入院が必要な病院もありますので、食事やベッド代などプラスされ、手術を不要とする流産よりも高くなります。

最近は一泊二日ではなく、朝から夕方まで病院でお世話になる日帰り手術が主流となっています。

費用は手術日、治療日に支払う

流産手術や治療を行なった後、病院を出る前に会計をしなくてはいけません。
治療も手術も当日払いとなるため、クレジットカードを対応していない病院だと現金が必要となります。

手術では全身麻酔をつかうことを一般的のため、麻酔で眠りについているときの安全面を考えると、会計するときに家族のかたに迎えに来てもらうときに一緒にお金も持ってきてもらうと安心です。

手術費用が心配なかたは、流産と診断された時点でどのような治療がおこなわれるか説明があります。
医師に費用のことを聞いても、大雑把でしかわからないことが多いので、帰りぎわに会計窓口のかたに聞くと、とても詳しい費用を説明してくれます。

ある程度、どれくらい必要なのか知っっておくと安心ですね。

任意の生命保険に加入している方へ

健康保険への加入は義務化されているため、ほとんどの方が加入しています。
加入しなければ、病院にかかる費用が毎回10割り負担となってしまいます。

健康保険とは別で、任意で加入できる生命保険があります。

加入者が亡くなったとき、病気で治療や手術が必要になったとき、転んで骨折したとき、病気で仕事を休まなくてはいけないときなど、生命保険の会社から一定額が支払われます。

加入には条件があり、またどのプランで契約するかによって病気やケガでも保険が使える使えないが分かれます。

もし、生命保険に加入しているなら、人工中絶でない流産であれば保険適用となることがあります。

生命保険に女性特有の病気などの支払いも対応と書かれていれば、ほとんどが戻ってきます。
また、流産手術をすることを保険会社へ相談し、自分のプランだとどうなのかを聞いてみましょう。

保険を使うときは、医師の診断書が必要となります。
診断書には文書代が発生し、約5千円の支払いとなります。

ですが、手術に必要な治療費+入院費用がおりてくるため、全ての負担額が0円になることもあります。
生命保険へ加入しているなら、絶対に損することはないのでまずは相談してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました