妊娠中や産後に便利!生鮮食品が後払いで買える食品通販

出産
この記事は約5分で読めます。

後払い対応の食品通販サイトを利用すれば、生鮮食品を自宅へ新鮮な状態でお届けしてくれます。スーパーとは違い品数が少ない、価格が高いなどの不安がありますが、食品通販で購入するメリットがあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

後払いできるネット通販でどんな生鮮食品が買えるの?

生鮮食品といえば“なまもの”。具体的には野菜や鮮魚、精肉、果物などの食材で、加工食品ではないため鮮度が大切です。通販で取り扱っている生鮮食品もスーパー並の品数なので、ネットショップは買い物が不便などのデメリットを最近は解消しています。

ネットショップではカートに欲しいものを入れていくのですが、実際に目で確認しないため、気がつくとたくさんカートに入れていた・・・なんてこともよくあります。カートに入れたものはいつでも出し入れできるので、店頭よりも買いすぎることがないんです。

スポンサーリンク

生鮮食品が買える後払い対応のネット通販



スポンサーリンク

後払いできるネット通販で生鮮食品を買うメリット・デメリット

後払いできるネット通販で生鮮食品を買うには、やはりメリットとデメリットを知ってから利用したいですよね。

後払いできるネット通販で生鮮食品を買うメリット

・産地直送で届くから野菜が新鮮
・訳あり商品など安い食材が多い
・重い荷物も玄関先まで届けてくれる
・後払いだから給料日前でも安心して買い物できる

生鮮食品をネット通販で買うなんて鮮度が悪いのでは?と思われますよね。野菜は産地直送の物が多く、肉や魚も鮮度が保たれて保存運送されるので鮮度面は安全です。

後払いできるネット通販で生鮮食品を買うデメリット

・実際に目で確認できないから不安感がある
・写真と違った形や量の場合がある
・少量の買い物だと送料負担がある
・会員にならないと買い物できない通販サイトが多い

後払いで生鮮食品が買い物できるのはとてもありがたいのですが、実物を確認して買い物しないため、実際に届いた商品がちょっと違った・・・なんてこともあります。

また、一定金額を超えないと送料が自己負担となってしまうケースもあり、店頭で買い物するよりも高くなってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

こんな時に後払いできるネット通販で生鮮食品の購入が役立つ!

ネット通販ならいつでも好きな時に生鮮食品が買えますが、後払いできる食品通販サイトなら、いざという時に欲しい生鮮食品が買えるので役立ちます。たとえば、こんなイベントの時に便利です。

・父の日や母の日で食べたことのない生鮮食品を送る
・いつもと違ったバレンタインデーやホワイトデーを選びたい
・ちょっと豪勢な誕生日会を開きたい
・クリスマスやホームパーティーでたくさんの人が集まる
・給料日前だけどバーベキューやキャンプを楽しみたい
・お中元やお歳暮選びが給料日前で買い物ができない

さまざまなシーンで今、手元に現金が無くても後払いなら生鮮食品が買えます。請求は買い物をして到着後2週間以内が一般的なので、給料日前でも大切なイベントや楽しい行事が行えます。

スポンサーリンク

後払いできるネット通販で生鮮食品を買う方が新鮮?

後払いできるけどネット通販で生鮮食品を買うのは不安ですよね。でも、ネット通販と店頭で買い物を比べてみると、さまざまな良いことがあるんですよ。どんなことに優れているのでしょうか。

■産地直送でお取り寄せができるから鮮度がいい

スーパーなどの店頭で商品が並べられる時は、食材を仕入れてから加工するなど2.3日経過している場合が多いんです。しかし、ネット通販は直接農家から採れた野菜や加工したばかりの肉などを直送してくれるケースが多いため、実は店頭で買い物するよりも新鮮な場合が多いんです。

とくに、野菜は採れたてが一番おいしく、時間が経過すると共に少しずつ味も鮮度も落ちていきます。注文してから発送するまで場所によっては時間がかかってしまいますが、発送する日に野菜を収穫するなど、とにかく鮮度にこだわった通販サイトが多いので新鮮な食材を食べたい人にはおすすめです。

■スーパーよりも品数が豊富な場合が多い

ネット通販って実際に商品が並べられているわけではなく、商品となる写真が並べられているため、品数が少く感じますよね。実際はひとつの通販サイトだけでも数千点以上の商品を取り扱っていることもあります。

たとえば、トマトひとつでも桃太郎やアイコなどといった品種がいくつもあります。ネット通販は1種類だけではなく全国で栽培されているたくさんの品種を取り揃えられていることが多いため、選ぶ時の楽しみもあります。

スポンサーリンク

ギフトやプレゼント用生鮮食品を後払い対応の通販サイトで買っても大丈夫?

突然のギフトやプレゼント、給料日前なのにこういったお知らせは迷惑ですよね・・・。店頭では絶対にできない後払いを、通販サイトで対応していれば買い物ができます。

でも、後払い対応の通販サイトでギフトやプレゼント用を買うとなると、いろいろと不安なことが多いですよね。プレゼントとして送っても大丈夫なのか、相手のことを考えて疑問点を調べてみました。

■請求書が送り先に届かないか

一番の問題点が請求書ではないでしょうか。購入者とは別の住所へギフトとして生鮮食品を送るのに、請求書も一緒に送ってしまわれては恥ずかしい思いをしますよね。

後払いの請求書は購入者の住所宛に送られくるので、送り先に届いてしまう心配はありません。また、請求書は購入した通販サイトではなく、後払い会社から送られてくるので時間差で請求書が届く場合があります。

■相手に価格がバレないか

インターネットショッピングをする相手にプレゼントをするなら、価格が知られてしまう可能性があります。生鮮食品はさまざまな場所で売られているため、購入先はほとんど特定できませんが、ギフト用として販売している生鮮食品の場合、一緒にパンフレットが同封されているとそれを頼りに知られてしまう可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました