赤ちゃん出産祝い 兄弟・姉妹へのプレゼントは必要?時期と相場にマナーあり?

この記事は約4分で読めます。

兄弟や姉妹へ出産祝いを渡すのは堅苦しいのでは?と思いの方も多いでしょう。
出産祝いは無事に子供が生まれたこと、これからの成長を願ったお祝い。無事に出産したママへのお祝いなど、深い意味があります。
身内なので堅苦しい感じはありますが、おめでたい出来事なのでお祝いをあげて祝福しましょう。

兄弟・姉妹に贈る出産祝いの相場は?

予算相場:1万~3万円

兄弟姉妹への出産祝いの予算に大きな幅があります。
これは独身/既婚が関係しており、また兄姉に贈るのと弟妹へ贈るのとでお祝い金が違ってくるからです。

●独身

出産祝いを贈る側が独身の場合、一人でとなるため1万円程度が相場となっています。
まだ10代や学生などの場合、アルバイトで稼いだお金も微々たる金額となり、貰う側もお金がないのを知っているので大きな金額だと心配してしまいます。

●既婚

夫婦二人からという名目となるため、出産祝いの相場は3万円となっています。
出産祝いは奇数で渡すのが縁起良い数字とされています。
偶数は割り切れる数字となり、「別れ」を連想させてしまうため縁起悪い数字となるからです。
ただ、出産祝いでは奇数や偶数という数字は深く考えず、2万円でも特に失礼なマナーにあたらないと捉える方が多くいらっしゃいます。

数字にも色んな意味があり、幅広い物事で不吉とされる「4(死)・9(苦)」はお祝いごとには特に使わない方が相手の事を考えると良いかもしれませんね。

兄弟・姉妹みんなで出し合って出産祝いを渡す時、集めたお金が4万円だったこともあります。
4万円を渡すのはちょっと気がひける場合は、出産祝いをギフトで贈ってみてはどうでしょうか。
予算4万円となるとギフトも豪華になってしまうため、3万円をお祝い金として渡し、残り1万円分で赤ちゃんやママのためへのプレゼントギフトで渡すのもおすすめです。

●兄姉・弟妹

兄姉に赤ちゃんが生まれた、弟妹に赤ちゃんが生まれた。
目上の方へ出産祝いを渡す時は、相場よりも低めに渡します。
逆に弟妹に赤ちゃんが生まれた時は、相場よりも高めに渡します。
目上の方へ気を使わせないために、あまり大きな額の出産祝いは一般マナーとしてふさわしくないとされています。

兄弟・姉妹へ出産祝いを渡す時期は?

出産祝いを渡す時期は、産後7日~1ヶ月頃となります。
昔は今ほど医療が発達しておらず、生まれたての赤ちゃんは免疫力が弱く、感染症などに掛かってしまい産後7日までの死亡率が高くありました。
現在は医療の発達により産後すぐの死亡率も低くなりましたが、初産婦・経産婦は病院へ入院する期間が約6日となるため、退院して間もなくはバタバタして忙しいので落ち着いてから渡すのが一般的です。

赤ちゃんの成長はとても早く、1週間前と後では顔も変わってきます。
生まれたての赤ちゃんを見たいなら、生後2週間目などに訪問するのがベストなタイミングですね。
渡すのが遅くなってしまう時は、事前にお祝いのメッセージだけを伝え後日お祝いを持って直接出向くといいでしょう。

プレゼントで出産祝いを渡すのもあり?

出産祝いはお金だけではありません。
プレゼントギフトも人気で、赤ちゃんのためやママのためのギフトがたくさんあります。

プレゼントで出産祝いを贈る方も多くなり、出来るだけ誰かと同じギフトを選ぶのだけは避けたいもの。
特に赤ちゃんの洋服はプレゼントで贈られやすく、多くが新生児用(サイズ:50~70)などばかり。
この時期のサイズはたくさんあり、せっかく贈ったのに着てもらえないこともあります。
先を見て1歳過ぎに着れる洋服は、ママ目線からすると嬉しいギフトです。

また赤ちゃんへのギフトが多いのですが、ママがリラックスできるギフトなんていうのも喜ばれますよ!
赤ちゃんが生まれるとこれまでのママの生活リズムは変わってしまいます。
疲れも溜まりやすいので、疲労回復になるような手軽に使えるアイテムは喜ばれやすいです。
ただエステサロンのギフト券など、施設へ出向かわなくてはいけないプレゼントは好まれません。
子連れで外出はとても疲れます。期限が限られているとムダなギフトになってしまうので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました