赤ちゃん出産 内祝い(お返し)の金額と相場を知っておきたい!

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれた家庭へお祝いを渡す時って、出産内祝い目的で渡すのではなく気持ちで渡している方が多いと思います。
しかし中には内祝いを期待しして渡している方も多く、特にお祝い金が1万円以上と額が高ければ高いほど、出産内祝いが無ければ気になる方が多いです。
逆の立場で考えると、やっぱり何もないのは寂しいですよね。

スポンサーリンク

出産祝いをいくら貰ったかで内祝いの金額が変わる

出産内祝いは頂いたお祝いの3分の1から2分の1が一般的です。
たとえば1万円の出産祝いを頂いたら、3000円~5000円の範囲でギフト選びをする事となります。
5000円のお祝いなら、2000円程度のギフトになりますが目安相場として知っておくだけで、気持ちがあれば金額は重視しなくても大丈夫。
出産祝いって内祝い目的で渡すのではなく、気持ちとして渡す方が多いのでギフトの金額や内容まで気になる方はあまり居ません。

●頂いたお祝いがお金ではなく商品だった場合

どれくらいの金額なのかは、インターネットで商品名を検索すると大体がわかります。
みんなが知っている商品なら大体わかりますが、ネットでは現在、さまざまな商品を取り寄せることが出来るので金額が把握出来ると思います。

もちろんお祝い金ではなく商品でお祝いをしてくれる方への、出産内祝いは一般的マナーとして贈ります。
たとえばその贈り物がお下がりの洋服だったりしてもです。
気持ちが伝われば良いので、お下がりの洋服やおもちゃなどの場合は、相手の家庭で喜ばれるお菓子やギフト券などあまり高価でない物を選んで渡しましょう。
お互い気を使わずに長い付き合いが出来ます。

出産祝いが10万円以上でも半返しが一般マナーなの?

出産祝いの金額はそれぞれ。
多い時に10万、20万円と桁が違うお祝い金もあり、封筒を開けた時にビックリしてしまう事もあります。
出産内祝いの金額相場は3分の1から半分となっていますが、10万円など高額な場合は半返しだと相手も困ってしまうことがあるので2、3万円程度で十分です。

カタログギフトやタオルや洗剤など日用雑貨の詰め合わせなど、1万円以上だと結構なボリュームの出産内祝いがたくさんあります。
洗剤など喜ばれやすいギフトの一つですが、普段使っているメーカーなど家庭によって決まっていることが多いので、もし親戚などの場合は自宅にお邪魔した時に何を使っているのか見てから決めると相手も嬉しさが増しますよ!

連名でお祝い渡された一人あたり500円だった場合は?

会社のみんなからまとめてお祝いを頂いた場合、一人あたりに換算すると500円ほどだった場合。
出産内祝いは3分の1~半返しと言われているのですが、一人あたり数百円への内祝いは不要と考えていいでしょう。
代わりにみんなで飲み食い出来るお菓子やジュースなどを一箱用意し、連名で出産内祝いを返すという方法もあります。

特に人数が多い工場などの場合、同じ職場仲間からとの名目でお祝いが来るのですが、一人一人へ内祝いを返すとなるとお祝い以上のコストと手間が掛かってしまいます。
あまり顔の知らない方などからもお祝いが含まれている事も多く、連名返しにすると挨拶も一言でいいですし、気を使わずに終わることが出来ます。
会社から連名のお祝いは出産内祝いを目的としていないことが多いので、細かく決めずに出産内祝いは考えましょう。

出産内祝いは金額に関係なく選んでも失礼にならない?

半返しが一般マナーとされる出産内祝いですが、金額に関係なくどうしても贈りたいギフトを見つけることがあります。
インターネットでギフト選びしていると、さまざまな個性溢れるギフトがあるため、ついつい目に止まる商品が多くなるんですよね。

半返しを必ずしなくてはいけない!というルールはないので、家庭の都合に合わせて出産内祝いの金額は決めることが出来ます。
例えば頂いた金額と同額で選んだり、それ以上のギフトを選ぶなども出来ます。

ただ、あまりにも高級な出産内祝いは贈られた側も気を使ってしまうことがあるので、商品を見ただけで値段がわかるようなギフト選びは避けたほうが無難です。(例えば高級ブランドバッグなど)

出産内祝いは贈る相手で相場が変わる?

会社の上司や社長、親戚の方や両親・兄弟など色んな方から出産祝いを頂くことがありますが、全ての方へ出産内祝いを返さなくてはいけないのか。といわれると、実際はそうではないこともあります。
また贈る相手によって選ぶギフトの相場も違うなどありますので、出産内祝いを決める前にある程度の相場を覚えておきましょう。

●会社の上司や社長など目上の方

人生の先輩でもある目上の方への出産内祝いは、特に贈る商品や相場は慎重に決めましょう。
しきたりやマナーを細かくチェックする方も多く、頂いたお祝いよりも高い、もしくは明らかに低い相場は失礼にあたります。
高価でも安価でも失礼にあたるので、ギフト選びは少し気を使ってしまうかもしれません。
上司など目上の方へは、お祝いを頂いた額の半返しが無難です。

●親戚や近所の方

「お返しは要らないよ~」の言葉と一緒に、出産祝いを頂くことが多い親戚など(笑)
その言葉を本当に信じるかはママ自身の問題ですが、形として出産内祝いは渡したほうが気持ちが違います。
親戚や近所の方へは頂いたお祝い金の3分の1程度のギフト選びが無難です。
あまり高い相場にすると相手の方も迷惑に感じてしまうこともあります。

●両親や兄弟

赤ちゃんのためとして出産祝いを渡す事がほとんど。
両親や兄弟へしっかりとした形で出産内祝いを渡すのも良いのですが、赤ちゃんも一緒にみんなでお食事会へ誘って、その時の食事代を全て負担するなど肉親へ気を使わせない方法もあります。
みんなでワイワイご飯を食べるとなると、それなりの場所なども必要となってしまいますので、自宅へ招くなどで行動範囲をそれほど広めずリラックスして場を楽しむなど決めましょう。
料理を全て作るのは大変なので、ケータリングなどを使うなどすると産後のママも気持ちがゆっくり対応できますよ。

スポンサーリンク
出産祝い
スポンサーリンク
スターをフォローする
スポンサーリンク
ライフキュー
タイトルとURLをコピーしました