もしかして流産?どんな症状が起こるとダメなのか?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

妊娠検査薬で反応が出ても、心拍が確認できなかったり、1週間後の検診で心拍停止してしまう初期流産もあります。
妊娠全体の15%が早期流産してしまう確率があると言われ、悲しい思いを経験するママも少なくないのです。
自然流産はどんな症状になるのか、出血がなくても流産することはあるのか?など、あらゆる症状や疑問を流産の種類別でまとめてみました。

流産症状は出血だけで判断しても良いのか?

流産の症状で多いのが出血です。
真っ赤な鮮血、茶色い出血、おりものに少し血が混ざっているなど、色んな出血があります。

どの出血があるからといって、必ずしも流産してしまったとは限りません。
真っ赤な鮮血は現在進行系です。
そして茶色い出血は過去になんらかで起きてしまった出血です。

違和感を感じてトイレに駆け込むと、妊娠していると出るはずがない血が出ているとビックリしますよね。
妊婦検診など受けている病院へ電話すると「どんな色の出血ですか?」と必ず聞かれます。

症状を電話口で聞き、緊急度の高さを医師が判断します。
たとえば診療時間外の夜、突然の出血でも安静にしていると落ち着く場合もあるからです。
診察のために無理に動くことによって、流産に繋がってしまうこともあるのです。

もしかしたら妊婦検診したから血が出てしまった
受精卵が着床する時に出血した

いろんなことが考えられますので、「出血=流産」に結び付けず落ち着きましょう。

切迫流産とは?どんな症状が起こるのか

切迫流産と流産は全く違います。
まず流産は、すでに心拍が確認できないなど、胎児の死亡が確認できた状態を言います。
切迫流産はその一歩手前で、流産になりかけている状態を言います。

切迫流産かもと思われる症状がこちら

・下腹部がチクチク痛い
・お腹が張って苦しい
・出血がある
・茶色いおりものが続く

出血があるといっても人さまざま。
場合によっては夜用ナプキンでは足りないほど、大量出血をしてしまうママも居ます。
それでも入院し安静にしていたことで、無事臨月を迎え出産したママもたくさん居るんです。

出血し切迫流産と診断されるととても不安ですが、今出来ることを精一杯行い無事を祈るのみです。
まずは「おかしい?」と思ったら病院へ連絡、診察が必要かどうかその場で判断してもらえます。

化学流産とは?どんな症状が起こるのか

着床して妊娠検査薬でも反応は出たけど、お腹の中の赤ちゃん部屋である胎嚢が確認できない事を化学流産と呼びます。
通常であれば妊娠6週目までには確認できるのが一般的。
時期が過ぎても胎のうが確認できなければ化学流産と診断されてしまいます。

流産しているのに関わらず検査薬で反応出たり、軽いつわりが起こるのは着床によるホルモンバランスの影響です。
本来なら着床が継続することで赤ちゃんが成長します。

流産と聞けば出血や腹部の痛みをイメージしますが、化学流産はこのような症状を感じないことがほとんどです。
人によっては少量の出血がありますが、生理初めのような出血量なので検査薬で調べなければ、妊娠している事に気が付かないこともあります。

化学流産の主な原因は染色体異常なので、ママ・パパ側が悪いわけではありません。
一度妊娠したという事は事実ということは忘れないようにしましょう。

繋留流産とは?どんな症状が起こるのか

初期流産に多い稽留流産は、赤ちゃんの部屋である胎のうや心拍が確認できない妊娠のことを言います。

妊娠検査薬では胎のうや心拍が確認できなくても、陽性反応があります。
ですが妊娠した時のつわりや流産した時に起こりやすい出血などの症状はありません。
なにも症状が無いからこそ、妊娠した事実を確かめに病院を訪れ、稽留流産と診断されてしまうママも居るのです。

妊娠すると赤ちゃんを妊娠7週頃には確認できます。
病院によっては初めての妊娠検査で、稽留流産と判断はしません。
その時に心拍が確認できなくても、1週間後、さらに1週間後と妊娠初期の場合はたった1週間で赤ちゃんの成長を確認することもあります。
症状が全くない稽留流産ではありますが、まずは担当医の診断を待ちましょう。

スポンサーリンク
流産
スポンサーリンク
スターをフォローする
スポンサーリンク
ライフキュー
タイトルとURLをコピーしました