夫婦で自営業。不安定な収入だけど注文住宅を建設中

この記事は約5分で読めます。

わが家は夫婦揃って自営業。ネット関係の仕事をしています。

私はかれこれこの職業に就いて10年目、夫は開業してから3年経っています。自営業の方ならわかると思いますが、収入に関しては安定しているとはいえません。

だけど、わが家は注文住宅を只今建築中です。子供3人居てこれからお金がかかるのに、なぜ新築購入に踏み切ったのか書いていこうと思います。

ママ
ママ

現在、無事に注文住宅が完成し入居しました!この記事は過去を遡って書いています。

注文住宅を建てるきっかけは暇だったから

え!?暇だったから?

「そんな理由で家って建てるものなの!」と思う方が多いと思います。

実際には「暇=新築購入」ではなく、『暇=ハウスメーカーの見学』が正しいです。

きっかけはハウスメーカーの1枚のチラシ

今年の正月、ポストに1枚のチラシがわが家に入っていました。それが、全国的にも有名なタマホームからでした。

今までも新築のチラシなど入っていて、間取り図を見るのが好きだった私は、その部分だけいつも見ていました。

賃貸暮らしをしていると、どうしても夢って膨らみますよね。

ママ
ママ

この間取りだったら、ここにテレビ置いて~
子どもたちはこの部屋で~
洗濯はここに干して~

そして間取り図のほかに、展示場を見るのも大好きな私。買う予定もないのに、リフォームのイベントなど見に行ったことがあります。

ポストに入っていたチラシに「アンケートに答えるだけ!正月イベント実施中」と書いていました。

これが、私たち夫婦が新築購入するきっかけとなったのです。

さっそくタマホームへお邪魔しました

これまでショッピングモールなどでおこなうリフォームイベントに参加したことあったけど、ハウスメーカーへ直接出向くのは初めて。

でもハウスメーカーがどんな場所なのか、購入しなくてもいいのかは妹から調査済みでした。

誰にだって建ててみたいマイホームがあると思います。私もよく夫と理想の家について話します。

タマホームを訪れたのは「理想の家はどれくらいの予算必要なのか?」が知りたかったから。さっそく、タマホームへ直接訪問してみました。

やっぱりモデルルームはスゴかった!

いつも素通りしていたタマホーム。事務所の横にある大きな家、ずっと入ってみたかった夢を実現しました。

ママ
ママ

すごい!アイランドキッチン♪
階段下に収納がある!
お風呂がひろーい!

とにかく大興奮です。子どもたちも「広い、キレイ♪」とハシャギまくっていました。

夢のマイホームの見積額に絶句

私たちが望むマイホームについて、営業マンの方に伝えました。

当然ですが、お金さえあればどんな家でも大抵は叶えられます。ただ、その夢のマイホームには巨額なお金がかかるんだと、身にしみて感じました。

ざっと営業マンに私たちが夢見る家を伝えたところ

担当者
担当者

次回までに見積書を作成します

と言われました。はい、次回の打ち合わせ予約したんです。

でも、その前にどうしても予算が知りたかったため、建売住宅の見積書?を見せてもらいました。

思った以上に家って高いんですね・・・

私たちが見た建売住宅の見積書、ローコスト住宅とはかけ離れたものでした。

正直、2千万円以下で家なんて建てられると思っていたんです。だって、よくネット広告でも「1千万でも家は建つ!」って見ますよね。

わが家の家族がゆったりと過ごせる家。そうなると4LDK以上に必然的になってしまいます。

大きい家が欲しい願うほど、費用は莫大にかかるんです。

タマホームの正月限定イベントは子供向き

ひと通りモデルハウスを見て、標準のドアや浴室など説明を受け、私たちが望む家について営業マンと話しました。

次の予約も取り、最後は正月限定のイベントです。これがスゴかった!!

アメのつかみ取り、お菓子の福袋、日用雑貨の福袋・・・

と、とにかく景品がスゴくてびっくりしました。子どもたちは大喜びです。

イベント目当てで来る人が居たのにも驚き!

営業マンと話をしていると、年配の4人組が入店してきました。私たちの隣の席に座り、担当の挨拶に来た営業マンに向かって発した言葉に絶句!!

「アンケートだけ書きに来ました。去年モデルハウスみたので、今年は結構です。」

ママ
ママ

え、イベント目的?
家買う気ないの?
す、凄すぎる・・・。
(図々しいな・・・)

私もイベント目的といえば間違いではありませんが、でも「理想の家の費用」も知りたかったので、お隣の方たちとはちょっと違います。

どうやら、こういった方たちも多いみたいで、手慣れた感じで営業マンの方は対応していました。スゴいんですね、とただただ驚くばかりでした。

次回の打ち合わせはいきなり住宅ローンの審査

話を聞いていくうちに、少しずつマイホームが欲しいという思いになってしまいました。次回の打ち合わせまでに、理想のマイホーム費用の見積もりしてくれるとのことで、予約日を決めました。

そして、次回は住宅ローンの審査もするそうです。

ママ
ママ

え、もう?
早くない?

どうやら、資金調整しないと話は進められないみたいですね。たしかに、そうですよね。予算がわからないと、家のことなんて何も決められません。

というわけで、2週間後にまたタマホームを訪れることになったのです。

タイトルとURLをコピーしました