妊娠初期や妊婦で重いものを持って後悔する前に

オイシックス お試し その後
この記事は約8分で読めます。

妊娠初期や妊婦で重いものを持つのは良くない?

仕事や買い物など妊娠初期からでも重い物を持つのは良くありません。
妊婦で重いものを持つと、お腹に力を入れてしまうのでお腹に負担がかかり流産をする可能性が高くなってしまいます。
大丈夫な方は20kgの物を持ったりしても大丈夫な方もいますが、人それぞれなので大丈夫という事は医者でも言えません。

何かあった時には必ず後悔します。
サービスなどを上手に利用して重たいものは極力持たないようにしましょう。

お米など重いものを購入するときはネットスーパーが便利

ネットスーパーのココに注目!

  • 玄関先まで宅配してくれるから安心
  • 合計金額がすぐわかるから節約できる!
  • ネット限定品やワケあり品が豊富
  • 24時間いつでも注文できる♪

特に注意が必要な妊娠初期。そしてお金が掛かるのも負担の一つです。
ネットスーパーは単品購入OKだし、妊婦で重いものを持たなくていいので上手に活用して買い物しましょう。

便利なネットスーパー

Oisix(オイシックス)

好きな日時で宅配だから便利
欲しい商品だけを購入できる!
お届け先の変更はいつでもOK
農薬ゼロを目指す野菜だから安心

【キャンペーン】珍しい野菜などお試しセットあり
生協の宅配

●コープデリ

  • 週に1度、注文商品を玄関先まで宅配
  • 食品を~日用雑貨まで2000品目以上の品揃え
  • グループ購入や一人で購入など買い物スタイルが選べる
  • 不在でも専用ボックスで宅配してくれる!
  • 宅配エリアは「長野・群馬・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉」
●おうちコープ定番食材はスーパーに負けない安さ
日用雑貨など品数揃えが凄い!
スマホで簡単注文できる♪
宅配エリアは「神奈川・静岡・山梨」
【キャンペーン】資料請求で人気商品プレゼント

妊娠初期や妊婦の重いものは注意!

普段の生活の中で重たいと感じる持ち物は、主婦の方だと沢山ありますよね。
お米、2リットルペットボトルの飲み物1ケース、掃除のさいに棚やタンスなどを持ち上げる。
これらの重いものを持つことでまず腰に負担が掛かってしまいます。
腰に負担が急激に掛かる事で、血流が上手に巡る事が出来ずお腹の中の赤ちゃんへも血液が巡らず苦しい状態を作ってしまうのです。

妊娠初期や妊婦で重いものを買い物などで持つと、お腹がキューと固くなってしまうことがあります。
実際に経験したのですが、お腹が痛いだけじゃなくとても苦しくなります。
重いものを持ってすぐに体に感じ、負担が掛かりすぎると出血などの恐れもあります。

お腹が圧迫される事で子宮が下がってしまい、流産などへ繋がる恐れがあります。
非常に負担がかかるため、極力控えましょう。

妊娠初期や妊婦の重いものの目安

妊娠初期や妊婦は特に買い物などで重いものを持つのを避けましょう。とよく言われますが、実際はどの程度の重いものなのか悩みますね。

例えば2人目を妊娠中であれば、上の子がまだ小さいと抱っこを要求し、妊娠中でも上の子を抱っこして何ともないママも居ます。
体質は人それぞれなので、重いものの目安はこれです!とは断言できませんが、10キロもある重い荷物は避けるようにしましょう。
例えばお米などです。

買い物後に重いものを持たなくてはいけない状況であれば、誰かに頼る。
もしくは小分けして運ぶなどしましょう。

上の子を抱っこしないといけない状況の場合、医師に相談しましょう。
体が一番なので、体調などを見ながら重いものは持つようにしましょう。

ネットスーパーを利用するメリット

ワケあり商品などが以外に豊富

ネットスーパーは高いイメージがありますが、実はインターネット限定商品やワケあり商品が豊富なんです。
またサービスによってはタイムセールなど、スーパーのように低価格で買い物をするサービスが充実しています。

つわりで具合が悪くても買い物できる

ネットスーパーは悪阻など妊娠初期の具合が悪い時でも重いものを持たずに、パソコンやスマホから簡単に注文する事が出来ます。
一歩も外へ出ず外出することなく買い物を済ませる事が出来るので便利です。

支払い金額がすぐわかり節約できる

スーパーで買い物をすると、合計金額はレジを通過しなくてはわかりません。
ネットスーパーは買い物カゴへ入れるたびに、合計金額が表示されるなど買い物金額をすぐに把握する事が出来ます。
買い過ぎ防止をすることが出来るので節約できます。

ガソリン代などの交通費節約

ネットスーパーはインターネットを利用して買い物になるので、ガソリン費用など交通費を節約できます。
その分、ネットスーパーは送料がプラスされることがありますが、割引制度や送料無料が充実しているので妊娠初期は重いものを持たずに上手に活用すればお得です。

ネットスーパーを利用したデメリット

手にとって商品確認が出来ない

ネットスーパーは商品の画像を見て買い物となります。
手にとって商品確認をすることが出来ないので、目で見て判断したい方にとってデメリットです。

人気商品は品切れがある

ネットスーパーはスーパーのように定番商品や人気商品が豊富にあります。
人気商品や安い商品は品切れになってしまう事があるので、タイムセールなどの時は買えずに終ってしまう事もあります。

商品によっては高いものがある

スーパーと変わらない価格が多いですが、中にはスーパーに売られていない珍しい商品も多数あります。
珍しい商品は少し価格が高くなってしまいます。

妊娠中に重いものを持った事がある方にアンケートをとりました。

大丈夫かはそれぞれ違うので、できる限り身近な人に頼ったり、宅配などを上手に利用したりする事をおすすめします。
すでに重いものを持ってしまった場合はしばらく安静にしましょう。

みんなの体験談

子供を抱っこして自宅安静に

第二子妊娠中の時は、上の子どもが2歳だったので、よく抱っこを求められ、妊娠初期から出産前まで、よく抱っこをしていました。比較的細めの子でしたが、11キロくらいを持ち上げる抱っこは重いもので妊婦にはキツかったです。特に、妊娠後期に入ると、お腹がよく張り、お腹の赤ちゃんが少し下がってきていると言われて、自宅安静の指示が出てしまい、子どもを抱っこをすると余計にお腹が張ってしまったり、恥骨の辺りがよく痛くなったりしていました。

引っ越しで安静になりました

妊娠7ヶ月の時に、主人の転勤が決まり、引っ越しをすることになりました。主人は多忙だったので、段ボールへの箱詰めを全て妊婦で産休中の私がしており、必然的に重いものを箱へ移していました。2時間ほど作業を続けていた時、お腹が少し張ってくるのが分かりました。2日後の検診で、医師から「少し安静にするように」と言われ、ウテメリンが処方されました。これまで張り止めが出されたことはなかったので、もっと慎重にならないといけないと反省しました。

仕事をして緊急入院

一人目を妊娠していたにもかかわらず仕事をバリバリしていたころのこと。妊婦で妊娠6か月ぐらいに大きな荷物およそ15キロほどの重い物を持ったのですが、バランスを崩してしまい派手にこけてしまいました。荷物が強くお腹に当たり痛くて痛くて悶絶していました。そのあとトイレに行ったのですが、よほどの衝撃だったのか出血が…急遽病院に行くことに。仕事もバリバリこなしていたのも負担だったみたいで切迫早産になっていたみたい。緊急入院になりました…お腹の張りと出血が収まるまで1か月病院に缶詰でした。

買い物で切迫早産になりました

私は現在妊娠中の専業主婦です。若いころからいろいろなスポーツをやっていたため、力には自信があります。看護師として専門学校卒業後働いてきました。看護師という仕事は患者さんを運んだり持ち上げたりする力仕事です。妊娠を機に仕事をやめ、現在はほとんど自宅でだらだら過ごしています。(笑)力には自信があったため、妊婦でおなかが大きくなっても一人で買い物に行き、たくさんの荷物の重い物を持っていました。「力あるし、大丈夫だろう」と余裕をぶっこいていたところ、買い物後に少量の出血がありすぐに病院を受診。切迫早産の診断がされました。主治医の先生には、なるべく家族と買い物に行ったり、一度に大量の買い物をするのを避けるように注意されました。

引っ越しで入院しました

一人目を妊娠中の妊娠8ヶ月の頃、広島から東京へ引っ越しが決まりました。引越し先での片付けのことを考えてダンボール詰めは自分でやりたかったので、早々から荷物の箱詰めを始めました。妊婦で箱の重い物を邪魔にならない場所に移動することを繰り返したのがいけなかったのか、引越し先での検診で切迫早産の可能性が分かり、入院することになってしまいました。クリスマスもお正月も入院中でした。これまで健康自慢の体でしたから入院を経験したことがなかったのですが、特別の日にはそれに合わせた食事がでることを知ることができました。これはつまらない入院生活の中での新鮮な発見でした。

無理をして入院

一人目の時は妊娠するとどういう風になるのか、本当によく分からなかったので、まだお腹が大きくなってない人院初期のうちはコンビニでアルバイトをしていて品出しの時に牛乳やジュースのパックが入ったケースの重い物を持ったりしていました。お腹に力が入ると張ったりして痛くなっていました。他には、家の中の不用品の片づけをしていて新聞紙やいらなくなったプリンターを両手で運んだりしていました。いろいと無理をしたので、初期に出血があり焦って産婦人科に電話して診察してもらいそのまま1週間入院になりました。

重い荷物を運んで後悔しました

妊婦で妊娠7ヶ月くらいのときに引っ越し準備で重たい荷物を運ばなくてはならないことがありました。荷物を運んだあとは、毎度なんとなくお腹が突っ張るような感覚になりました。しかし、突っ張るような感覚だけで、痛いという自覚は全くなかったので、特段気にせず続けていたら、後日出血しました。あわてて病院に行ったら、切迫早産と診断されて自宅で絶対安静を言い渡されました。ですが、時すでに遅し。安静にしてもみるみる子宮口が開いていき、あっという間に入院になりました。結局、張り止めの点滴でなんとか臨月まで耐えることができたものの、1ヶ月間寝たきり生活を強いられ、家族に大変な迷惑をかけてしまいました。無理して重い荷物を持ったことを後悔しています。現在妊娠中の方には、是非無理しないでいただきたいです。周りの人に甘えた方が、最終的には迷惑をかけずに済みます。

タイトルとURLをコピーしました